2022
04.26

【地震の話題や写真が苦手な方はご注意ください】今一度、落ち着いて書籍と向き合う

Notice

2022(令和4)年3月16日深夜に発生した福島県沖地震。
被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

一ヶ月以上経ちましたが、修繕工事がなかなか進まない話を耳にすることもあります。
早期の復旧をお祈りしつつ、懸命にご対応くださっている工事関係者の方々にお礼を申し上げます。

また、福島県郡山市を拠点とするグリープにも励ましのお声を頂戴致しました
有難うございます。
ご心配をお掛け致しました。

地域の特性を踏まえて防災に取り組み、色々と策を講じてみるものの、それを上回る自然の力に絶え間なく脅かされてしまいます…。

先日、このHPで「写真で振り返るオフィスの変化(色々揃えました)」(https://greep.jp/2022/04/19/notice003/)と記事にしたばかりですが、あまりに大きな揺れだったもので…一年の間に整えてきた環境が残念ながら一部粉々に…

機材や什器の一つ一つ、それこそ立ち上げからこだわって揃えてきた愛着のあるものばかりなので、地震翌朝の出勤時には、どうなっていることか非常に緊張していました。

やはり、現場を見てショックではありましたが、スタッフ全員、無事に揃って事務所に来られたことに感謝をしています。

自分達で片付けられるものは片付け、直せるものは直し。
粉っぽくなった(粉塵?)デバイスを丁寧に拭いて故障がないかチェックして。
そうして普段通りに書籍と向き合い、制作作業に戻りました。

この記事をしたためている今日も、実はまだ片付けるべきものは残っています、修理しなければならないものも…
ピカピカに戻る日はいつになることやら…(遠い目(*゚ー゚)

防災と耐震の対策を怠らず、心折れずに落ち着いて日々を過ごす。
素晴らしい書籍を素晴らしい技術で電子化し、届ける。
変わらぬ意志と理念を持ちながら、一年後にこの記事を見直したときに「ここからまた一回り大きくなったなぁ」と懐かしめるように、地震の記録として残しておくこととします。

一つずつ直したり修理に出したり買い替えたりしながら、作業しやすい空間を再築していきます(*^-^*)